Mt.富士ヒルクライム

2005/06/04-05
0506富士山朝.jpg
第2回 Mt.富士ヒルクライム

ヒルクライム

 自転車仲間に誘われて富士ヒルクライムにエントリー。
前々日の夜に新大阪に集合し、7名で2台のクルマに分乗し出発。運転交代しながら夜通し走って現地近くの温泉施設で仮眠し、現地で関東組と合流、総勢10名にてキャンプ泊の予定。

 午前4時ごろ、中央高速駒ヶ根インター付近でレンタカーがパンク、ナットが焼き付いていてタイヤを外せない。
0506富士へ.jpg
 JAFのお世話になってタイヤ交換し危機脱出。後日、ナットが外れないのはレンタカーの整備不良ということでJAF代金払い戻しがありました。

 温泉で仮眠をとったあと、現地合流のH氏に電話。すると既に到着してるけど富士急ハイランドのジェットコースターに乗りたくなって今順番待ちの列に並んでるって。
えらい余裕やな、しかもひとりでジェットコースターて。

0506富士前日.jpg
 夕方合流のひとりを残してみんなで昼食。
0506富士ほうとう.jpg
山梨名物ほうとう。

0506河口湖キャンプ場.jpg
 河口湖キャンプ場でバーベキュー、その後もバンガロー内で飲んでて前日から耐久レースの様相。

ひとりまたひとりと落ちていく。
0506携帯持って寝る.jpg
携帯持ったまま
0506聖徳太子.jpg
聖徳太子。
0506朽ち果てたダグラム.jpg
朽ち果てたダグラム

 眠りについたのは午前2時をまわってたような…。

大会当日

 5合目受け取り預け荷物の締め切りが6時15分だったので朝4時に起床、殆ど寝てない!
0506富士山朝.jpg
レースは遅い人が多そうなクラスから先にスタートなので前半はいっぱい追い抜いた。
ヘタレギア(前28T-後32T)使いまくりでひとり異次元の高ケイデンス走行。
前方に手ごろなターゲットがいると励みになってペースも上がる。
しかし後半は自分が追い抜かれる立場に。
後半は殆ど汗をかかなかった。
気温のせいもあるでしょうけど今振り返って考えると力をセーブしてたなぁ。
ツーリングの峠越えじゃないから後の体力温存は考えなくて良いんですね。少し反省。
0506富.jpg



ゴールの五合目で集まって集団下山し、再び温泉施設で汗を流して帰りました。
タイムは1時間57分、タイムには不満足ですがめっちゃ楽しかった。

  • 最終更新:2014-01-09 20:11:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード