日本海

2012/08/13-16
東北方面
1208大阪駅3.jpg

はじまり

仕事でばたついてたので全く計画も無いままお盆休みに突入。
お盆休み初日、とりあえず伸びた髪を散髪しに行き、床屋の席にぼーっと座りつつ連休どうしようか思い巡らす。

そういえば、この春廃止になった「寝台特急日本海」が季節列車で運行してるんじゃないかと思い、散髪帰りに最寄駅で聞いてみた。

「今晩の特急日本海って乗れますか?」
駅員さん端末を操作しながら
「上段席しか空いてないですね。上段は4つあります。あ、喫煙席なら下段が1つあります。」
「うーーん、、、、じゃ上段を1つ。」
「行き先はどちらまで?」
「日本海ってどこまで走ってるんでしたっけ?」
「終点は青森です。」
「じゃ、青森まで。」

てな具合でこのお盆休みは東北方面に行くことになった。


本屋に寄ってツーリングマップル東北編を買い家に戻って荷造りをはじめる。
親がどこへ行くのかと聞いてくるのでとりあえず東北と答えると、

「さっき天気予報で東北は明日大雨とか言うてたで。」

げ、もう切符買ってもうたがな。


寝台特急

列車の出発時刻は夜8時半過ぎなので家で晩ごはん食べてから出発し余裕を持って大阪駅ホームに。
1208大阪駅.jpg
寝台車の通路は狭い、荷物が大きいのでどうやって積み込むか作戦を練る練る。

1208大阪駅2.jpg
電光掲示板に表示された「青森」の文字、遠い地の果てまで走る列車にロマンを感じる(半年前までは毎日運行してたんやけどね)。

車内販売が無いので駅売店でビールを買い込む。ぬるくなるといけないので入線のちょっと前に、けど駅弁・おにぎり類は全て売り切れでおつまみぐらいしか買えんかった。明日の朝ごはんが無いや。


ほんでもって入線。
1208大阪駅3.jpg
さて乗り込むぞ! 大阪駅が始発なので発車まで少し時間がある。まずバッグ類とビールなどを持って席まで運び、乗車の人がはけたのを見計らって一旦降りてホームに置きっぱなしにしていた自転車を運び込んだ。
1208日本海車内.jpg
狭いなか重たい自転車を上段席に持ち上げるのはひと苦労。ふう。

さてと、無事乗車出来たし缶ビールをプシュっとやって今後の日程を考えはじめる。
全くノープランで青森まで切符買ったけど途中で降りるのもいいかな。

1208日本海車内2.jpg
JR柄の浴衣がイカス!

ほろ酔い気分でおやすみなさい。


弘前で下車

思ったよりよく眠れてわりと気分よく起床。

さて日程を考えないと。
朝ごはんが無いのでおつまみの裂きイカをしがみつつ、地図を見ながらいろいろ思い巡らす。
 青森からフェリーで函館に渡るのもいいな。
 竜飛岬にも行ってみたいな。
 そういや太宰治の生家って青森県だったっけ。
ぜんぜん考えがまとまらん。

そうこうしてると窓の外は雨模様。そういや今日は雨降るって言ってたな。
携帯で天気予報を見ると今日一日雨で明日は晴れそう。なら今日は歩きが基準で考え直し、弘前で降りることに決めた。


日程決定
 8月13日
  弘前駅下車。雨のなか弘前城など市内観光。
 8月14日
  秋田県の能代あたりまで走る。できれば八郎潟まで行ってテント泊。
 8月15日
  酒田方面へ行けるとこまで。


よし! 日程が決まったら俄然やる気が出てきたぞ。秋田駅ぐらいで何割かの人が降りたので空いた下段席に荷物を下ろして下車準備し弘前駅で降りた。

1208弘前駅.jpg
駅から出たら結構な雨。

徒歩で観光はいいけど重たい自転車をなんとかしないといけないので、駅前のほとんど濡れないところにあるビジネスホテル「東横イン弘前駅前」に。チェックインは午後3時からだったのでとりあえず料金払って荷物を預かってもらった。


駅の観光案内で弘前城行きのバス路線を聞き市内観光マップを貰ってバスに乗り込んだ。市役所前で降りて、観光館とかいうところで昼食。

自転車乗れない腹いせに昼から大食い。
1208弘前昼食.jpg
郷土名物じょっぱり和膳 ¥1780。 量は多いけど...

昼ごはん食べて外に出てみると雨はあがってた。
さてとにかく弘前城天守閣に向けて歩く。弘前城は日本に12しかない江戸時代以前からの現存天守が残っているお城で有名。この機会に立ち寄っておかねば。
1208弘前城.jpg1208弘前城2.jpg

天守閣内を見物して外に出ると雲の切れ目から陽がさしてる。あれ?天気予報では夜まで雨しかも夕方ほど強く降るはず。
慌てて携帯で天気予報を確認すると予報は午前と変わらず雨。怪訝に思いつつ天気予報サイトの雨雲の動きを見てみると、今現在から3時間ほどだけ雲の切れ間があるみたい。

3時間あれば秋田の大館まで走れるぞ!

こうしちゃいられない。慌てて城の外に出てタクシーに飛び乗り駅前に向かい、ホテルをキャンセルして自転車で走り出した。


弘前から大館へ


雨で鬱憤たまってたので走り出すと気分爽快!
1208走り出す.jpg
いやー自転車ってこんなに楽しいんですね!

おおよそのルートは列車の車窓から見てたけど平坦路が多く走りやすそうな印象で、青森秋田の県境にゆるい峠?があるだけでわりと楽々走れた。
1208マルメロソフト.jpg
道の駅で食べたマルメロソフト。
1208秋田県入り.jpg
秋田県入り。

1208大館駅.jpg
ばっちり3時間以内に大館に到着。

駅前の観光案内で今晩泊まる宿について聞いてみた。
上階に展望風呂の温泉があるホテルがあって値段もそんなに高くないしいいですねというと、案内所の方が電話をしてくれた。あ、あ、自転車があるって伝えてくださいと言ったけど伝わらないまま電話をきってしまわれた。

観光案内を出ると通りすがりの方が私のリカンベントを珍しそうにみてて、案内所の方も出てきてちょっとお話ししたりで気分よく立ち去る。




紹介されたホテルは大館駅のすぐ近く、あっというまに到着しフロントで手続きしようと
「自転車があるんですが今晩雨が降るようなので濡れない場所に置かせて欲しいのですが。」
「できません。フロントは持ち込み禁止です。エントランスも邪魔になあるので置いてもらう事はお断りします。」
「じゃあ折りたたみ自転車だから畳んで袋に入れて部屋に持ち込みます。」
「いえ! 折りたたんでも自転車を部屋に入れることはできません!」

え!
こんな事言われたのは初めての経験。
いちいち旅日記には書いてはいないけど、泊まった宿のほとんどは雨に濡れないよう配慮してくれて、気の利いたところだと屋上の物置小屋や袋にいれずそのまま部屋に持ち込ませてもらえたりするのに。



非常に嫌な気持ちでこのホテルを後にして別の宿へ向かった。



向かった宿はスーパー銭湯に宿泊施設がついたような所、自転車は裏口の軒下に置かせてもらった。風があると雨が吹き込むだろうけどこれで十分。 部屋が畳敷きだったのがなんとなくうれしい。
1208ぽかぽか温泉.jpg
ほっこり温泉につかって晩ごはん食べに出かけた。
外に出ると小雨がぱらぱら。あぁ自転車濡れなくて済む、宿を変えて良かった。

1208きりたんぽ鍋.jpg
季節はずれやけど、名物きりたんぽ鍋。 めちゃ美味しい!



いろいろあったけど結果オーライ。
しかし昼過ぎまで雨、自分が走っている間は雨が降らず、宿に着いたらまた雨。
つくづく自分の晴れ男ぶりに感心しますわ。



日本海その2へつづく


PS.
「東横イン弘前駅前」さま、自転車と荷物を預かっていただいたうえにキャンセル料なしで解約させていただきありがとうございました。この先私が再び弘前を訪れる機会はもうないかもしれませんが、お礼申し上げます。

  • 最終更新:2013-03-03 22:46:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード