徳島 阿波踊り

2011/08/13-16
大阪→和歌山‥徳島→香川
2011阿波踊り.jpg

お盆休みどこへ行こう

 2月末から5月末までずっと出張で、本格的に自転車に乗れるのは正月休み以来。しかしこの年のお盆休みはわずか4日、なんとなく中途半端な長さなのでなんとなく行き先を決められずに、休み前日夜とりあえず荷物をまとめる。
 自転車仲間のひとりとメールしていると徳島の阿波踊りに行くらしいので現地合流も楽しいかなと思い、そっち方面に行く事に決めた。

1日目 和歌山へ

 徳島へ向かうルートは和歌山からフェリーで。散髪やら自転車への荷物の括りつけやらで時間をとられて結局出発は昼前に。 ほんとなら夏場は気温が上がる前の早朝にある程度距離を稼いでおきたいところなんですけどねぇ。

この日走ったルート(ルートラボ)

 とにかく南へ向かって走る。御堂筋を南下し南海難波駅の横をそろろろ昼ごはん食べたいなと思いつつもなかなか立ち寄れそうな店が見つからない。玉手付近でラーメン屋を見つけたので入る。

 今回は新しい相棒リカンベント cobra
13082011033.jpg13082011034.jpg
ラーメン屋駐車場にて、我ながらうまくパッキングできたと思う。

 ラーメン屋では汗かいたぶんを取り返す為に異様なほど水を飲みまくり、たぶん2リットルぐらいは飲んだと思う。普段はラーメンみたいな濃い味の食べ物は食べないのですが夏場は水分の導入剤になるので意識的にラーメン食べるようにしてます。

日本の夏をあまく見ていたわけではないけれど・・

 ラーメン食べながら地図を見るとウエパーがすぐ近くなのに気付いたのでちょっと寄り道。でも特に欲しい物もないのですぐ出発。
 大阪唯一の路面電車阪堺電車の終点浜寺駅前駅の駅前で休憩。
13082011037.jpg
 この年のお盆は例年どおりの猛暑、リカンベントゆえに夏の日差しを胸いっぱい浴びてはじめからヘロヘロ。
しかもいつもなら信号待ちなどの合間にこまめに水分補給するのですが、今回は装備が間に合わず乗車姿勢のままドリンクボトルを取れず一旦道路脇に自転車を止めて降りてからじゃないと水分補給出来なかった。
私のリカンベントは一旦停まったら走り出すのにすごく労力がいるので一回の水分補給に2~3分はかかります。
だからついつい我慢しがちに。それが後半ものすごいダメージになってしまいました。

 泉南地域はゆるいアップダウンが続きます。上りになったのでギア比を落として足の回転をあげたとき、左ふくらはぎがピクピクしはじめた。
足がつる前ぶれ? こんな経験初めてだけど確か足つりは水分&ミネラル不足が主原因になったよな。とにかくすぐに自転車を止めて足のストレッチをし、持っていたお茶とミネラルウォーターをたっぷり飲みました。
 おそらく原因は水分補給が不十分だったこと。症状が出始めてから対策をとっても手遅れだとは思うけど、だからといって何もせずにいて走れなくなるほど悪化しては大変なので、とにかく時間のロスは気にせずタイミングを見計らって立ち止まり水分補給するように心がけるようにしました。

 和歌山との府県境、孝子峠は狭くて交通量のそこそある坂道とイヤーな感じの道。
ここをヘロヘロになりながら上り坂に弱いリカンベントで上ります。
いちばん軽いギアにしてゆるゆる上ると速度は 6.5-7.0km/h 、ただでさえバランスのとり難いこの自転車で、路側帯も殆どなくすぐ横をクルマがビュンビュン通る上り坂でふらふらと漕ぎ続けるのは非常に怖かった。
13082011038.jpg
写真ブレてる相変わらずヘタクソですな。

 峠を越えた下りは気持ちいい~。
ここまでの疲れを忘れたように走って和歌山市内へ、適当に宿を探してチェックインしました。

 宿についた頃から頭痛と吐き気がした。たぶん軽い熱中症だと思う。
食欲は湧かないけど晩ごはん食べに外へ出た。うどんか何かあっさりしたものが食べたかったけどそんな店ぜんぜんあらへんし。
 幹線道路沿いのガストのメニューに「サラダ食べ放題」と書いてあったのでサラダ目当てでガストに入りました。
サラダ以外に味噌汁も飲み放題だったのでおかわりしまくり、8杯ぐらいは飲んだと思う。
水も何杯も飲みまくって昼間に失った水分を取り戻し、ようやく体調も改善したようでした。


  • 最終更新:2013-03-03 23:23:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード