天橋立~日本一低い分水嶺

2009/03/20,21,22
天橋立~日本一低い分水嶺
0903天橋立!.jpg

三連休

 2009年3月、春分の日と合わせて三連休となったので旅行を計画。
3月20日は松葉ガニ漁終了日、日本海側に行けばまだ美味しいカニが食べられそうだし、
かねてより構想を練っていた日本一低い分水嶺を走破する事にしました。

 分水嶺とは水の流れが分かれる場所で、普通は終端部を除いては山の尾根がその分かれ目になるのですが、兵庫県の石生という所は本州でいちばん低い分水嶺(標高約100mちょい)がある事で知られています。
 つまり、ここを通れば大嫌いな峠越えの坂道を通らずに日本海側から瀬戸内海側へ走り抜けられる。ヘタレ自転車乗りにとって最高のルートになるだろうという期待感アリアリなのです。。

今回の予定ルート

日本一低い分水界(分水嶺)ルートラボ

1日目 天橋立

 今回の予定は1日目はちゃんと宿を予約して天橋立付近まで輪行・観光して一泊、2日目からは成り行きで分水嶺攻略という完璧?な計画。

 まずはJRで福知山まで、なんと同じ列車にマイミクの元へぇさんご夫妻が乗っておられてビックリ! お城好きな元へぇさん、今回は福知山城に行かれるとの事でした。

 福知山駅からは北近畿タンゴ鉄道に乗り換え。
0903タンゴ鉄道1.jpg0903タンゴ鉄道2.jpg
つぶらな瞳の気動車、内装は昔の観光バスのような古臭い豪華さな感じでまぁまぁな風情。
それなりに人は乗ってましたが座席を確保できたので車内で昼食、筍ちらし寿司だったっけ。
0903昼ごはん.jpg

 宮津駅で下車して走り出す。
0903宮津駅.jpg
ちょっと旧道ぽいところを走ると何やら古そうな建物が、、
0903三上邸.jpg
「旧三上家住宅」重要文化財だそうな。

しかし、

0903入館お断り.jpg
年中酔いどれの私は門前払いのようでした。

0903天橋立へ.jpg
 そうこうしているうちに天橋立到着。

070智恩寺 文殊堂.jpg
智恩寺 文殊堂、名前だけでも頭がよくりそう。
是非ともご利益にあやかりたい。


080天橋立map.jpg
地図。
天橋立は向こう側までずっと自転車で走れます。
090天橋立の道中.jpg
0903与謝野.jpg与謝野鉄幹・晶子の歌碑

大正天皇御手植えの松
100大正天皇御手植えの松.jpg
大正天皇とは誕生日が一緒なのでなんとなく親近感がありまする。
明治、昭和、今上と、近代天皇の誕生日が名目を変えて国民の祝日になっているのに
大正天皇の誕生日だけが祝日じゃないのは何故だろう?

0903名水.jpg0903名水2.jpg
磯清水、海に囲まれたこんな所から真水が出るとは不思議。

 とまあ天橋立はのんびり散策すると楽しい場所です。

西国28番成相寺へ

するすると何の苦も無く天橋立を自転車で渡りました。

さて、天橋立といえば西国三十三箇所の二十八番札所成相寺、
もちろんこの機会に御朱印を頂に参じます。
麓にはケーブルカーとリフトの乗り場があり、これに乗っちゃえばピューッと上がれると思ったけぇれど、今回は自力で登ることに。。
110階段を延々と.jpg
ずっと階段を自転車担いで上りました。ああぁ疲れたぁ。

0903天橋立!.jpg
しかぁ~し、担いで上った景色は格別。
早速自転車相手に記念撮影と。

その後、バス専用道とやらを自転車押して歩く。
130激坂.jpg
写真のガードレールと水平線?の角度差がお解かりでしょうか?
とにかくものすごい激坂でした。

やっとの思いで成相寺に到着。
140西国28番成相寺.jpg
山の上にお寺があるってのはやはり自分の足で登る事に意味があるのでしょう。
ありがたくご朱印いただきました。

 そして自転車でビューっと下って、ていうか坂きつすぎて怖かったけど、
天橋立駅で足湯につかりほっこり。
150足湯でほっこり.jpg


  • 最終更新:2014-01-24 00:25:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード